日本最小のウイスキー蒸溜所・長濱蒸溜所が滋賀県びわ湖近くに誕生!

滋賀県長浜市のびわ湖北部に新しい蒸溜所が建設されるというニュースが飛び込んできました!

世界中でウイスキー蒸溜所の建設ブームが起こっていますが、この日本もウイスキー蒸溜所の建設ブーム真っ只中。

今年は鹿児島県にマルス津貫蒸溜所がオープン。
来年には竣工予定の北海道の厚岸蒸溜所、静岡県の静岡蒸溜所。
また、茨城県の木内酒造は額田蒸溜所、岡山県の宮下酒造は岡山蒸溜所でウイスキー造りを開始のニュースも。

そんな中、日本最小を謳う長濱蒸溜所も2016年11月1日に、ウイスキー製造免許が交付され、ウイスキー造りを開始できるようになりました。

長濱蒸溜所とは

長濱蒸溜所

年間生産数量は40kℓを予定。蒸溜所の面積は約8坪と、日本最小の規模。
蒸溜所内には初溜釜・再溜釜をそれぞれ1基設置。一回当たりの生産数量は100ℓとこちらも日本最小です。

ウイスキーの元となる醪の原料はほとんどビールと同じで、蒸溜器以外はビール造りと同じ設備を使用して製造します。
モルトは海外から厳選したものを使用。瓶詰、ラベル貼りなど総て、手作業で実施。

蒸溜所の運営は、地元のクラフトビール会社

長濱浪漫ビール
romanbeer.com

近畿で3番目となるクラフトビールの製造をしていた長濱浪漫ビール株式会社が運営。
長濱浪漫ビールは地元長浜市の企業や市民の方達が株主で、20年に渡りクラフトビールをつくり続けてきた会社です。
ビールで使用された樽や原料などが、ウイスキー造りにもどう生かされていくのか楽しみですね。

蒸溜所のある滋賀県長浜市ってどんなところ?

長浜城

長浜市は文化と歴史が凝縮された街です。
江戸時代から明治時代につくられた 黒漆喰の歴史的建造物を利用した黒壁スクエアや、豊臣秀吉が織田信長の家臣時代に城主として過ごした長浜城。
ちなみに、長浜城の「長」は、織田信長の長をとって付けられました。
秀吉の上司への気遣いが感じられますね(笑

他にもびわ湖の最北端に浮かぶ竹生島(ちくぶしま)もパワースポットとして有名です。
交通安全や開運のご利益が受けられます。

観光スポットがたくさんある長浜市に、ウイスキー蒸溜所という新しいスポットが誕生したということになりますね。

長濱蒸溜所は併設施設も充実!

長濱ビール工場内レストラン
romanbeer.com

併設のレストランからは蒸溜釜、ビールの醸造釜が間近に見られ、作りたてのウイスキーをストレート、ロック、ハイボールと様々なスタイルで楽しめます。

観光スポットも充実した長浜市に新しくできた長濱蒸溜所。
早速、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

▼長濱蒸溜所 WEBページ
http://www.romanbeer.com/nagahama-distillery/

▼長濱蒸溜所 Facebookページ
https://facebook.com/nagahama.distillery/