ウイスキー検定の難易度は?受験者データを大公開!一般社団法人ウイスキー検定実行委員会 設立発表会見レポート

2014年から開催されているウイスキー検定をご存知でしょうか?
これまで3回開催されており、4回目は2017年2月5日に実施予定です。
※開催概要についてはこちらの記事を参照
2017年開催の第4回「ウイスキー検定」受付開始!知ればますますおいしくなる検定♪にチャレンジ!

これまで日本出版販売とウイスキー文化研究所の運営でしたが
第4回からは社団法人ウイスキー検定実行委員会が、独立運営することに。

設立発表会見が開かれ、これまでのウイスキー検定にまつわるデータが公開されたため、レポートします。

ウイスキー検定の概要

whisky_kentei

試験日 :年1回開催
受験資格:20歳以上なら誰でも ※1級は2級合格者のみ受験可。
実施級 :1級、2級、3級、ジャパニーズウイスキー級(JW級)、シングルモルト級(SM級)
公式HP :ウイスキー検定

ウイスキー検定3級

検定公式テキストからスコッチを中心に出題。テキストを学習すれば合格可能。
ウイスキーが好きで、ウイスキーの基礎知識を持つ方を対象とした初級レベル。

<問題形式>
マークシート 4者択一形式
<合格基準>
100問中60問以上

ウイスキー検定2級

検定公式テキストから出題。テキストを深く学習、理解すれば合格可能。
ウイスキーの文化や歴史、製法を理解し、ウイスキー通になりたい方を対象とした中級レベル。

<問題形式>
マークシート 4者択一形式
<合格基準>
100問中70問以上

ウイスキー検定1級

検定公式テキストとJW級テキストと参考図書などから出題。
ウイスキーの文化や歴史、製法などを深く理解した方を対象とした上級レベル。
※2級合格者のみ受験可

<問題形式>
マークシート
5者択一形式
<合格基準>
100問中80問以上

ウイスキー検定JW級

検定公式テキストとJW級テキストと参考図書から出題。
ジャパニーズウイスキーの文化や歴史、製法などを深く理解した方を対象とした上級レベル。

<問題形式>
マークシート
5者択一形式
<合格基準>
100問中65問以上で4段階認定
【初段、二段、三段、師範】

ウイスキー検定SM級

検定公式テキストと参考図書などから出題。
シングルモルトウイスキーの文化や歴史、製法などを深く理解した方を対象とした上級レベル。

<問題形式>
マークシート
5者択一形式
<合格基準>
100問中65問以上で4段階認定
【初段、二段、三段、師範】

過去3回の受験者数/合格者数/合格率

ウイスキー検定合格率

第1回 2014年

開催地:札幌/東京/大阪/福岡
受験者数(のべ):2670人
合格者数(のべ):1792人
合格率:67.1%

第2回 2015年

開催地:東京/名古屋/大阪
受験者数(のべ):1137人
合格者数(のべ):795人
合格率:69.9%

第3回 2016年

開催地:東京/大阪
受験者数(のべ):1246人
合格者数(のべ):589人
合格率:47.3%

ウイスキー検定の受験者内訳

過去3回の受験者の内訳をデータで公開。

都道県別の受験者数TOP10

1位:東京都(1398人)
2位:神奈川県(532人)
3位:大阪府(489人)
4位:埼玉県(347人)
5位:千葉県(303人)
6位:北海道(193人)
7位:兵庫県(190人)
8位:愛知県(187人)
9位:京都府(126人)
10位:福岡県(121人)

なお、特筆すべきは、全都道府県から受験者が出たこと。
下位3県は、秋田県(3人)/宮崎県(3人)/山形県(3人)。

年代別/男女別の受験者属性

ウイスキー検定世代別男女別受験者内訳

<世代別の内訳>
20代:23%
30代:32%
40代:25%
50代:15%
60代:5%
70代:0.2%

<男女別の内訳>
男性:78%
女性:22%

職業別の内訳

ウイスキー検定職業別受験者内訳

会社員(酒類販売業以外):52%
飲食店・バー勤務:12%
会社員(酒類販売業):9%
公務員:5%
学生:5%
医者・医療従事者:2%
経営者・役員(外食産業):2%
経営者・役員(外食産業以外):1%
マスコミ関係:1%
その他:11%

ウイスキー検定を受験した理由

ウイスキー検定を受験したキッカケ

ウイスキーが好きだから:37%
自分の知識を試したいから:19%
面白そうだったから:17%
仕事で活かしたいから:14%
合格して友達や家族に自慢したいから:5%
受験者特典や合格者特典が欲しかったから:3%
知人・友人に誘われて:3%
資格をとると車内評価で有利になるため:1%
特にりゆうはない、なんとなく:1%
その他:0%

ウイスキーに興味を持ったきっかけ

ウイスキー検定受験者のウイスキーに興味をもったキッカケ

バーや飲食店で飲んだウイスキーが美味しかった:45%
仕事がウイスキーに関係しているので:20%
連続テレビ小説『マッサン』を見て:7%
友人などからの勧めで(口コミ):6%
特にない・覚えていない:5%
海外旅行の際に飲んで美味しかった:3%
日本のウイスキーが世界的な賞をとったと知って:3%
糖質ダイエットをはじめて:3%
ドラマや映画、小説などで:2%
その他:6%

ウイスキー検定協力店舗

全国のバー・酒販店様にPRツールやオリジナルグッズを提供し、協力を依頼。
現在までに約700店舗の協力を得ており、今後は2000店舗まで増やしたいとのこと。

ウイスキー検定協力店一覧

ウイスキー検定の教本・過去問題集

ウイスキー検定公式テキスト(発行:小学館)

ウイスキー検定過去問題集(1)

ウイスキー検定過去問題集(2)

受験者の声

・検定を目標に勉強して、ウイスキーを以前より楽しめるようになりました
・半年に一度のペースで開催して欲しい
・年1回程度のテイスティング会やセミナーはぜひ行って欲しい。意見交換ができればより楽しい。
・地方開催の会場を増やして!
・もっとゆったり座れる会場がいいと感じました
・セミナーや対策講座を色々な場所で実施して欲しい
・色々なブランドを知ることができて面白かった。家でもウイスキーが飲みたいと思った
・過去問や問題集を充実させて欲しい
・もう少し魅力的な特典を作って欲しい。蒸留所ツアーは興味あるが、少しハードルが高い
・過去問題を公開される際、正答率も表示していただけると有り難いです
・やっぱり1級が勉強しないとまったくわからん。次は勉強してみます

一般社団法人ウイスキー検定実行委員会設立の狙い

ウイスキー検定実行委員会設立発表会

ウイスキー文化研究所代表の土屋守氏からは
「より多くの人たちに検定やサービスを届けたいという観点から、独立運営をしていくことになった。価格体系も各級1000円ずつ下げた。今後はより初心者向けの4級などの整備も検討していきたい。これまで累計5053名の受験者がいたが、まだまだ少ないと感じており、ここ1,2年で受験者数を1万人にまで伸ばしたい」という意気込みも語られました。