日本導入第二弾 「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」を数量限定で5月1日に発売!

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、ディアジオ社(英国)が所有する、世界No.1スコッチウイスキーブランド「ジョニーウォーカー」から、「ブレンダーズバッチ」シリーズ第二弾として、「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」を5月1日(火)より数量限定で全国発売します。
※IMPACT DATABANK 2016に基づく販売数量

「ブレンダーズバッチ」は、既成の価値観にとらわれずブレンダーが豊かな経験や個性に基づいて思い描くブレンドを形にした、クラフト感あふれるシリーズです。12名のブレンダーの個性と豊かな発想、それを実現する約800万樽のストック、卓越したブレンディング技術から創り出されます。

「ジョニーウォーカー ワインカスクブレンド」は、ウイスキーのみならず食べ物やワインにも造詣が深いブレンダー「エイミー・ギブソン」が、ワインのように、食事、特にデザートとのマリアージュを楽しめる新しいスコッチウイスキーを目指しブレンドした、新しい味わいの「ジョニーウォーカー」です。

中味について

様々な種類のワイン樽で熟成した原酒をブレンドしました。果樹園にいるかのような華やかな香りと、熟したフルーツのような味わいです。
モルトとグレーンを原材料とするブレンデッド・スコッチウィスキーです。モルトにはディアジオ社の最先端技術を集結した蒸溜所「ローズアイル」で蒸溜した貴重な原酒を、グレーンにはスコットランド最大のグレーンウイスキー蒸溜所「キャメロンブリッジ」で蒸溜した原酒などをブレンドしました。

パッケージについて

ジョニーウォーカーの特長である「スクエアボトル」と「斜め24度傾いたラベルデザイン」はそのままに、ラベル紙の質感と色合いでクラフト感を表現したデザインとしました。