【ウイスキー入門】初心者もハマるアードベッグの魅力とボトルの選び方

ウイスキーの本場、スコットランドで造られるスコッチウイスキーの中でも特に人気の、アイラ島で造られるアイラウイスキーをご存知でしょうか?
アイラウイスキーは、その煙臭さゆえに”スモーキー”や”ピーティー”とも表現されますが、そんなアイラウイスキーの中でも特にスモーキーでありピーティーなウイスキーが「アードベッグ」です。
今回は、ウイスキーの中でも個性派をつきすすむアードベッグについてご紹介していきます。

アードベッグの特徴

アードベッグはアイラウイスキーの1種です。スコットランド南西にあるアイラ島は「ウイスキーの聖地」と呼ばれるほどウイスキーの蒸留がさかんな島で、そこで作られるアイラウイスキーは泥炭(ピート)によるスモーキーさが大きな特徴です。アードベッグは中でもスモーキーさが強烈です。

個性的な味わいのため確かに好みは分かれてしまい、特に初心者のうちはアードベッグのようなウイスキーよりもクセのないフルーティーですっきりしたウイスキーの方が飲みやすいと感じる方も多いでしょう。しかし、ウイスキーを色々飲み比べていくうちに、その分スモーキーな味わいに魅せられハマっていくという方は非常に多いのです。

そして、HIDEOUT CLUB調べによると家飲み用におすすめのウイスキーランキングでは「アードベッグ10年」が堂々の9位にランクインしています。

アードベッグは、スモーキーさが強いだけでなく、その中にある繊細な甘みもアードベッグならではです。アードベッグの味わいは他のウイスキーでは決して味わうことのできない唯一無二のものでしょう。アードベッグは多くのファンを虜にしており「ウイスキーはアードベッグしか飲まない!」という方もいるほどです。

アードベッグ蒸留所

1815年にアイラ島南部の海沿いに建設されたアードベッグ蒸留所ですが、その歴史は決して順風満帆なものではなく、何度も何度も閉鎖の危機に追い込まれました。実際に1980~1989年は完全に生産が止まってしまっています。

それでもアードベッグを愛するファンや従業員たちの支えによって危機を乗り越えてきたのです。1997年、グレンモーレンジィ社の買収によってようやくその力を取り戻し、現在のように安定した生産がされるようになりました。
蒸留の装置は昔のままの部分も多く、生産数こそ限られてはいますが、スモーキーさが特徴のアイラウイスキーの中でも随一のスモーキーフレーバーを誇るアードベッグの味は創業当初からずっと受け継がれています。

ちなみに、こちらのアードベッグ蒸留所は蒸留所内を見学することができます。蒸留所内はアードベッグ最大の特徴であり強烈なピートの香りが広がっています。何種類か試飲もさせてもらえるようです。そして、こちらの蒸留所ではなんとランチを食べることもできます。こちらもおいしいのでおすすめです。

アードベッグの個性の所以

・ピートを強く炊き込んだ麦芽

先ほどから出てくるピートとは植物の遺骸が十分に分解されないまま堆積したものです。石炭になる前段階の状態と考えられています。麦芽を乾燥させる際の燃料としてピートを使うことで、麦芽にピートの香りが炊き込まれます。これによってアードベッグならではの独特なスモーキーな味わいが生まれるのです。

・「ウーガダール湖」から採水した仕込み水

アードベッグは仕込み水をウーガダール湖から採水しています。ウーガダールとは「暗くて神秘的な場所」という意味です。この水はピート層を通ってきたため黒っぽい色をしています。この水を使用しているのもスモーキーさの理由の1つです。

・ピューリファイアーによるフルーティーな甘み

アードベッグの特徴としてスモーキーさと溶け合うフルーティーな甘みがあげられますが、これは蒸留器に取り付けられているピューリファイアー(精留器)によるものです。ピューリファイアーが蒸留器についているのはアイラ島でアードベッグ蒸留所だけです。

アードベッグの代表ボトル

ARDBEG TEN(アードベッグ10年)

アードベッグ10年は強烈なスモーキーさと繊細な甘さの調和を謳ったウイスキーです。
アードベッグブランドの中でもスタンダードなボトル、それが「アードベッグ10年」です。

2008年にはワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

まずはピリッとした刺激、その後から甘みが追いかけてくる重厚感のある味わいです。タバコの煙とエスプレッソコーヒーのフレーバーとともに、口いっぱいにピート香が広がり、スモーキーさが長く豊かに余韻として残ります。ピートや麦芽の甘みが後味に残ります。

ストレートはもちろんのこと、ロックやソーダ割(ハイボール)でも楽しめるため、初心者はまずこのボトルからチャレンジするのが良さそうです。

ARDBEG UIGEADAIL(アードベッグウーガダール)

シェリー樽熟成の原酒をブレンドし、甘さとスモーキーさが絶妙にマッチしています。ウーガダールとは先述しているように仕込みの水を採水している湖の名前です。2009年ワールド・ウイスキー・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。

ウーガダールの特徴はなんといってもその独特の甘みです。クリスマスケーキのような甘みと刺激的なスモーキーな風味が溶け合い、蜂蜜や糖蜜の贅沢な味わいと重なり合って豊かなフレーバーを演出しています。余韻は先ほどのアードベッグ10以上に長く、レーズンやモカの深い余韻がスモーキーさと合わさっていつまでも残ります。

ARDBEG CORRYVRECKAN(アードベッグコリーヴレッカン)

フレンチオーク新樽の原酒を用いたアードベッグコリーヴレッカンは、力強いスパイシーさが特徴で、先ほどの銘柄と比べ刺激的な味わいと香りです。コリーヴレッカンとはアイラ島付近にある大きな渦潮の名前で、名前からもその力強さや勢いを感じます。2010年にWorld’s Best Single Malt Whiskyを受賞しています。

最初の一口はそのスパイシーさが印象的ですが、飲み進めていくにしたがってエスプレッソ、ダークフルーツ、アーモンド、アニスの味わいへと変化していきます。刺激的な味わいからとろけるような味わいへと、味の印象が変化していくのを楽しめるのがこのウイスキーの特徴です。

香ばしいブラックコーヒーやチョコレートがけのチェリー、ペッパーソースといった独特の後味が残ります。

ARDBEG AN OA(アードベッグアンオー)

バーボン樽、PXシェリー樽、新樽の3つの原酒を使いゆっくりなじませていくことで、複雑でかつ丸みのある味わいになっています。アイラ島にあるオーの岬からその名前がつきました。この岬は荒波に削り取られ丸みを帯びています。このウイスキーにふさわしい名前です。

アードベッグならではのスモーキーさと繊細な甘さの調和を感じられますが、他の銘柄に比べて飲みやすいです。スモーキーさが抑えめなのでスモーキーなウイスキーを飲んだことがないという方はこのウイスキーから挑戦してみてもよいかもしれません。

アードベッグアンオーは非常になめらかでクリーミーです。シロップのような甘さ、スパイスの甘さなどが溶け合った複雑な甘さが感じられます。ウッディーさとナッツティーさが飲み始めから飲み終わりまで口の中に広がります。繊細で優しい他のアードベッグにはない味わいです。

濃厚で長い甘い余韻の中に、かすかに独特のスモーキーさが感じられます。

クセの強いウイスキーなのに、初心者でも楽しめる理由

アードベッグは、クセが強いため初心者向けではないと考える方もいらっしゃいます。
しかし、クセが強いウイスキーを好むのは、ウイスキー慣れした人だけとは限りません。

もともと、芋焼酎が好きな人はクセの強いお酒に慣れているように、ある程度、お酒好きな人でしたら、アードベッグをキッカケにウイスキーにのめり込む人もいるのです。

そんなウイスキーの沼地に引き込む魔力を持つ「アードベッグ」。
あなたも是非、飲んでみてください。