甦ったアイリッシュ「ティーリング」からティーリング34年が米国向けに53万円で販売

アイルランド産ウイスキーであるアイリッシュウイスキー。メジャーブランドの1つ、ティーリングが米国向けに長熟シングルモルトウイスキー『ティーリング34年』を販売することを発表しました。
発売日は2018年3月1日。価格は5,000米ドル。本記事執筆現在の価格で、約53万円のスーパープレミアムボトルです。

1983年に蒸溜され、バーボンバレルで熟成。アルコール度数40.9%で瓶詰めされているこのボトル。
複雑な花の香りを有すると公表されており、わずか38本限定で販売されます。

アイリッシュウイスキー最大の市場である米国向けにリリースされます。

ティーリングとは

運営会社はティーリングウイスキーカンパニー。2012年に独立系のボトラー(瓶詰業者)として設立されました。
元々、同じアイルランドの蒸溜所クーリーで社長をしていたジャックティーリング氏が独立して設立。
かつて祖先であるジョンティーリング氏がアイルランドのダブリンで操業していたというティーリング蒸溜所の名前を引き継いだ会社です。

2015年にはティーリング蒸溜所もオープン。
創業100年を超える蒸溜所ばかりのアイルランドにて、125年ぶりの新規蒸溜所の誕生でした。

前述の通り『ティーリング』というブランド自体は、1782年に操業されていた記録があるため、復活という想いを込めて、ラベルデザインは不死鳥が描かれています。

ティーリング公式サイトはこちら。