初心者が飲んでおきたいオススメの世界五大ウイスキー<入門編>

ウイスキーに興味が出て、詳しくなりたいと思っても、まずどうすればいいか分からない人向けの、おすすめの世界5大ウイスキー<入門編>です。

世界五大ウイスキーとは?

お店に行くと沢山の種類があるウイスキー。実はウイスキーは、世界中の国で作られているのを存知でしたか?
その中でもスコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダ、日本。これら5つの国は世界的にもウイスキーの生産国。
これらの国で生産されたウイスキーを総称して、日本では5大ウイスキーと呼びます。
それぞれの国で作り方や原料に違いがあり、味や香りの特徴が異なります。

hideoutclub_bottle

名称も産地によって異なり、スコットランドで作られたウイスキーは「スコッチ」。
アメリカで特定のルールに沿って作られたウイスキーは「バーボン」と呼びます。

今回は、世界五大ウイスキーと呼ばれるこの5つをオススメボトルとともに紹介していきます。
・ スコッチウイスキー
・ アイリッシュウイスキー
 ・ アメリカン(バーボン)ウイスキー
・ カナディアンウイスキー
・ ジャパニーズウイスキー

スコットランドのウイスキー”スコッチ”

まず最初に、スコットランドのスコッチです。スコッチウイスキーは、

今回はスコッチウイスキーの中でも初心者が最初に抑えておきたい3つご紹介します。

1:ジョニーウォーカー

ジョニーウォーカー-HIDEOUTCLUB

数あるスコッチウイスキーのブランドの中でも世界で屈指の知名度を誇るジョニーウォーカー。
ウイスキーを飲まない人でも名前を聞いたことがあったり、ジョニーウォーカーの英国紳士のマークを目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
それもそのはず、ジョニーウォーカーは日本でも酒販店だけでなく、コンビニやスーパーなどでも陳列されていることの多いメジャー商品なのです。

ジョニーウォーカーは、世界で1番飲まれているウイスキーとも呼ばれ、長い歴史を誇るブレンデッドウイスキーです。
ジョニーウォーカーというブランドの中に、レッドラベル/ブラックラベル/ダブルブラック/ゴールドラベル/プラチナムラベルなど様々な種類があり、価格帯も様々です。
初心者の方は、ブラックラベルやダブルブラックから飲み始めるのが良さそうです。

ジョニーウォーカーをAmazonで探す

ジョニーウォーカーのオフィシャルサイトを見る

2:グレンリベット

グレンリベット-HIDEOUTCLUB

伝統あるスコッチの中で、英国政府公認第一号となったウイスキーが、グレンリベットです。
グレンリベットがメジャーになると、グレンリベットを勝手に名乗るウイスキーがいくつも出現したため、THE GLENLVET(ザ グレンリベット)とTHEがついた名前が正式名称となりました。
グレンリベットはシングルモルトウイスキーの1つで、ブレンデッドウイスキーとは異なり、1つの蒸溜所で生産されたウイスキーです。
2016年現在、世界で2番目に売れているシングルモルトウイスキーです。

グレンリベットは、12年、15年、18年や年数表記のないナデューラやサイファーなど様々な種類があります。
初心者の方は、グレンリベット12年から飲み始めると良いでしょう。ソーダで割ってハイボールにしても美味しいですよ。

グレンリベットをAmazonで探す

グレンリベットのオフィシャルサイトを見る

3:ラフロイグ

ラフロイグ-HIDEOUTCLUB

様々な味のあるスコッチの中で、特徴的でファンの多いウイスキーがあります。
それが、スコットランドのアイラ島という島で生産されているアイラウイスキーです。
そんなアイラウイスキーの1つがラフロイグ。
非常に個性的な味をしており、初めて飲んだ人は「!!?」という文字が頭の中に浮かぶでしょう。
だからこそ初心者にも一度は飲んでもらいたウイスキーです。

ラフロイグも、10年、15年、18年や年数表記のないクオーターカスク、セレクトカスクなどいくつもの種類があります。
初心者の方は、ラフロイグ10年やラフロイグクオーターカスクから飲み始めると良いでしょう。
まずはストレートで飲んでみたあと、ソーダ割りでハイボールにしても美味しいボトルです。

ラフロイグをAmazonで探す

ラフロイグのオフィシャルサイトを見る

アイルランドのウイスキー”アイリッシュ”

次は、ウイスキーの発祥の地と呼ばれるアイルランドのアイリッシュウイスキーです。
ウイスキーは近年、世界的ブームと言われていますが、その中でもアイリッシュウイスキーがブームなのをご存知でしたか?
アイリッシュウイスキーの出荷量は、他ウイスキーと比べても大きく伸ばしており、世界のウイスキーブームの牽引役なのです。

アイリッシュウイスキーで初心者が抑えておきたいウイスキーはこの3つです。

1:ブッシュミルズ

ブッシュミルズ-HIDEOUTCLUB

現在、操業中のアイリッシュウイスキー蒸留所の中では最古の歴史を誇ると言われている蒸溜所です。1608年に創立なので、ちょうど江戸幕府が出来た時期と近いですね。
アイリッシュウイスキー伝統の製法である3回蒸溜を守りつつノンピート麦芽100%のモルト原酒にこだわって作られています。
クセがすくなく、上品でマイルドな味がします。

ブッシュミルズは、スタンダード/ブラックブッシュ/10年/16年などの種類があります。
初心者の方は、スタンダードのブッシュミルズから初めてみるとよさそうです。
スムースな口当たりのフレッシュ果実のような味わいが楽しめます。

ブッシュミルズをAmazonで探す

2:ジェムソン

ジェムソン-HIDEOUTCLUB

ジェムソンは1780年にジョン・ジェムソンの手によって生まれたウイスキー。首都ダブリンにある蒸溜所で作られていましたが、他蒸溜所との合併によって、現行のジェムソンはミドルトンにある蒸溜所で作られています。
ジェムソンはアイリッシュウイスキーの中で最も出荷量の多い人気ウイスキーです。
また、2016年にはジェムソン主催のカクテルコンペティションが開かれ、日本代表が世界大会で優勝しました。

ジェムソンは、スタンダード/セレクトリザーブ/ゴールドリザーブなどの種類があります。
初心者の方は、スタンダードのジェムソン アイリッシュウイスキーから飲み始めましょう。
カクテルやソーダ割りを試してみるのも良いですし、アイリッシュコーヒーと呼ばれるホットコーヒーに、角砂糖とウイスキーを加える飲み方も是非チャレンジしてみてください。

ジェムソンをAmazonで探す

3:タラモアデュー

タラモアデュー-HIDEOUTCLUB

タラモアデューは、アイリッシュウイスキーの中で2番目の出荷量を誇る人気銘柄です。
もともとはアイルランド中部のタラモアにある蒸溜所で製造されていましたが、現在はジェムソンと同じミドルトン蒸溜所で作られています。
アルコールの刺激がすくなく、繊細で柔らかなウイスキーとも言われています。

タラモアデューは、スタンダード/12年やフェニックスなどの種類があります。
初心者の方は、スタンダードから試しみてみると良いでしょう。クセのある味が苦手な人は、タラモアデューをお水とお酒で1対1で割るとまろやかで飲み易くなるはずです。

タラモアデューをAmazonで探す

アメリカのウイスキー”バーボン”

次はアメリカンウイスキーの1つ、バーボンです。
正確にはアメリカンウイスキーはバーボンだけではありませんが、今回はバーボンをアメリカンウイスキーとして紹介します。

※バーボンについては、こちらの記事にも詳しいく書かれています。
ウイスキー初心者のためのバーボン入門。飲んでおきたいおすすめのバーボン5選と飲み方

バーボンは、他のウイスキーとは原料が異なる点が大きな違いです。
スコッチなどは大麦を主な原料として使用しますが、バーボンはトウモロコシやライ麦、小麦などの穀物を主原料として使用します。

色々な穀物の風味を持ち、軽やかな口当たりながら複雑な味わいとなるバーボンのおすすめ3つをご紹介します。

1:メーカーズマーク

メーカーズマーク-HIDEOUTCLUB

230年以上の歴史と伝統を持ち、小麦由来のスイートでスムースな味わいを持つメーカーズマーク。
開け口の赤い封蝋が特徴で、1瓶1瓶手作業で蝋をつけているため、同じカタチの蝋はありません。まさにハンドメイドのウイスキーです。
アメリカンウイスキーであるバーボンはWHISKEYというようにKとYの間にEを入れることが普通ですが、メーカーズマークの創業者がスコットランド系のため、メーカーズマークはスコッチと同様にWHISKYと名乗っています。

メーカーズマークは、スタンダード/46などがあります。
スタンダードはコンビニでもよく売っているので、初心者はまずスタンダードからでしょう。
最初はストレートで飲み、味わった後は、ソーダで割ってハイボールにしても美味しいですよ。

メーカーズマークをAmazonで探す

2:ワイルドターキー

ワイルドターキー-HIDEOUTCLUB

アイゼンハワー大統領をはじめ、アメリカの歴代大統領が愛飲していたとも言われるワイルドターキー。
すべてのバーボンの中で原料にトウモロコシを使う比率が最も低く、ライ麦を多く使うことで大胆でスパイシーな味わいになっています。
七面鳥のカバーから、クリスマス近くになると売れ行きが上がるとか。

ワイルドターキーは、スタンダード/8年/13年/フォーギブンなどがあります。
初心者は、コンビニでも手に入りやすい8年から試してみるのはいかがでしょうか。
ストレート、ロック、ソーダ割となんでも美味しく飲めるはずです。

ワイルドターキーをAmazonで探す

3:ジャックダニエル

ジャックダニエル-HIDEOUTCLUB

バーボンの中でも日本での知名度はトップクラスのジャックダニエル。
ジャックダニエルはテネシー州で生産されており、テネシーウイスキーとも呼びます。
100年以上、製法を変えておらず芳醇でまろやかな味わいを備えています。

ジャックダニエルは、ブラック/ゴールド/シナトラセレクト/テネシーハニーなどがあります。
テネシーハニーはリキュールに分類されますが、ハチミツの香りと味わいが女性にも人気です。
初心者の方はまずブラックをロックやストレートで味わって、ソーダ割りなども試してみてください。

ジャックダニエルをAmazonで探す

カナダのウイスキー”カナディアン”

次はカナディアンウイスキーです。
アメリカの禁酒時代に、マフィア経由でアメリカに輸入されていたカナディアンウイスキー。
荒々しい歴史とは裏腹に、飲み易くマイルドな口当たりが特徴です。

それではカナディアンウイスキーの3つをご紹介。

1:カナディアンクラブ

カナディアンクラブ-HIDEOUTCLUB

癖のない軽い味わいライ麦のコクとシェリー樽の味わいが特徴です。
カナディアンクラブは、なんと日本に輸入されているカナディアンウイスキーの9割以上を占めます。
お店でカナディアンウイスキーを頼んだら、カナディアンクラブが出てくる可能性は非常に高いです。

カナディアンクラブは、スタンダード/クラシック12年などがあります。
初心者の方は、スタンダードをロック/水割り/ソーダ割りでのハイボールなど、いくつかの飲み方で試してみてください。
上品な味わいにビックリするはずです。

カナディアンクラブをAmazonで探す

2:カナディアンミスト

カナディアンミスト-HIDEOUTCLUB

近年、日本でも販売開始されたカナディアンミストです。
ライ麦を主原料として3回蒸溜後にホワイトオーク樽で熟成された軽快でまろやかですっきりした味わいのウイスキーとなっています。

カナディアンミストは、ロック、ストレート、ソーダ割り、カクテルなど様々な飲み方に対応できるウイスキーとなっています。
初心者でも安心して飲めるウイスキーとなっています。

カナディアンミストをAmazonで探す

3:アルバータ

アルバータ-HIDEOUTCLUB

アルバータ蒸溜所は、北米で最大規模のライウイスキー蒸溜所です。
1958年の誕生以来、カナダのメジャーブランドとして君臨するライ麦100%のウイスキーがアルバータです。

アルバータは、プレミアム/ダークバッチがあります。
まずはプレミアムから飲んでみることをおすすめします。まずはストレート、そしてロック、ソーダ割のハイボールも良さそうです。
バニラの甘みの中にスパイシーさも見つけることができるでしょう。

アルバータをAmazonで探す

日本のウイスキー”ジャパニーズ”

日本のウイスキー、ジャパニーズウイスキーはニッカウイスキーの創業者で、2015年には朝ドラ「マッサン」のモデルにもなった竹鶴政孝氏がスコットランドへの留学を経て、日本に製造方法を持ち込んだことが始まりです。
サントリー創業者の鳥井信治郎氏が留学帰りの竹鶴氏をスカウトし、山崎蒸溜所にて日本初の本格ウイスキーを作りました。

ジャパニーズウイスキーは、世界の様々なコンペティションで賞をとっており高い評価を得ています。
そんなジャパニーズの初心者が抑えておきたい3本をご紹介します。

1:山崎

山崎-HIDEOUTCLUB

山崎は、京都駅からも電車で行きやすい山崎蒸溜所で作られているシングルモルトウイスキーです。
シングルモルトウイスキーは、1つの蒸溜所で製造されており蒸溜所の地名がウイスキー名になることが多く、山崎もその1つです。
山崎蒸溜所では見学や試飲も可能なため、観光地としても人気です。

山崎は、ノンエイジと呼ばれる年数表記なし/12年/18年/25年などがあります。
初心者の方は、ノンエイジか12年をストレートで飲んでみてください。その後は水と1対1で割って香りを楽しむのも良さそうです。

山崎をAmazonで探す

2:竹鶴

竹鶴-HIDEOUTCLUB

竹鶴は、余市蒸溜所と宮城峡蒸溜所で生産されたウイスキーをブレンドしたと言われるピュアモルトウイスキーです。
ピュアモルトウイスキーとは、グレーンウイスキーをブレンドしていないモルト100%のウイスキーを指します。
竹鶴はニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝氏の名字を冠したウイスキーです。

竹鶴は、ノンエイジ/12年/17年/21年などがあります。
初心者の方はまずノンエイジから始めてみるとよさそうです。
まずはストレート、そして水と1対1で割るのもおすすめです。

竹鶴をAmazonで探す

3:イチローズモルト

イチローズモルト-HIDEOUTCLUB

イチローズモルトは、世界でも高い評価を得ている日本のクラフトウイスキーで秩父蒸溜所で作られています。
運営会社はベンチャーウイスキーという会社で、埼玉県の秩父市にあるこの会社のウイスキーは常に品薄状態と言われています。
世界最高のウイスキーを決めるワールドウイスキーアワードでは、5年連続でカテゴリ別日本一に輝き、世界のウイスキー愛好家にも名前が轟いています。

イチローズモルトは、モルト&グレーンホワイトラベル/ダブルディスティラリーズ/カードジョーカーなどがあります。
初心者の方は、モルト&グレーンのホワイトラベルかダブルディスティラリーズから飲み始めるとよいかもしれません。
まずはストレート、そして水割りやソーダ割でも美味しいですよ。

イチローズモルトをAmazonで探す

以上、初心者におすすめの世界五大ウイスキー<入門編>でした。