最北の蒸溜所ハイランドパークの最新作「ファイア・エディション」が3月17日数量限定で発売開始!

日本でも人気の高いスコットランド最北の蒸溜所であり「北の巨人」とも称されるハイランドパークから、新作「ハイランドパーク ファイアエディション」が2017年3月17日に販売開始されることが発表されました。

ハイランドパークファイアエディション

ハイランドパークの北欧神話シリーズとは

ハイランドパークが作られているハイランドパーク蒸溜所は、ヴァイキングの文化を色濃く残すスコットランドの北の海、オークニー諸島のメインランド島にあります。
そういった背景から、ハイランドパークは北欧神話をコンセプトにしたシリーズを多くリリースしており、2012年から毎年1種類ずつ「ヴァルハラ・コレクション」と呼ばれる限定品シリーズも世に送り出していました。
2012年には「ソー」、2013年に「ロキ」、2014年に「フレイヤ」、そして2015年には最終章となる「オーディン」といった北欧神話に登場する神々の名を冠したブランドをリリース。

2016年には、ヴァルハラコレクションの後継となる「アイスエディション」を発売。
アイスエディションの青いガラス製のボトルは眩く輝く氷をイメージし、氷のような鋭さと冷涼さを彷彿とさせるデザインで、力強い氷山を象ったオーク製のクレイドルに収められています。ボトルに施された円状のデザインは、人生の輪と、蛇や北欧神話に登場する生物が保護する世界の創造を現していました。

ハイランドパーク ファイアエディションとは

ハイランドパークファイアエディション
そんなアイスエディションの次作である「ハイランドパーク ファイアエディション」。
北欧神話に出てくる炎の巨人「スルト」にちなんで命名されたエディションで、「スルト」は9つの世界のうちの一つである火の国「ムスペル」の支配者でした。焼け付くような暑さの「ムスペル」は、その国で生まれた者しか近づけないほどで、「スルト」は炎のように燃えさかる剣で国境を守り、その剣は太陽よりも明るく熱かったとされています。

「ファイア・エディション」は、世界限定28,000本のスペシャルリリースです。100%リフィルのポートワイン樽で熟成させており、ポートワイン樽の使用はハイランドパークとして初となります。真っ赤なガラス製のボトルは炎の巨人達が住む火の国をイメージしたデザインで、木製の漆黒のクレイドルに収められています。ボトル上部の円状のデザインは、生命のつながり、善と悪の戦い、世界の創造を意味しており、その世界は北欧神話に出てくるヘビに守られているとされています。

テイスティングノート

自然な色合い、炎のようなキラキラとした輝き。

香り

活き活きとしたルビー色のフルーツやヴァニラの香り、シナモンのほろ苦い甘み、ダークチョコレートの香り。

味わい

軽くスモークした刺激のあるドライピールや程よいヴァニラ。スパイスやスモモの風味。

フィニッシュ

バランスのよいフルーティーなスパイシー感の余韻が長く続く。

Highland Park (ハイランドパーク)とは

1798年創業された、スコットランドの中でも著名な蒸留所のひとつ。
伝統的なフロアモルティングという製法を用いており重厚なウイスキーが作られています。
2005年、09年、13年の3回にわたり、アメリカの専門誌Spirit Journalにおいて「ザ・ベスト・スピリッツ・イン・ザ・ワールド」に選ばれ、また2009年のワールド・ウイスキー・アワードにおいて 「ワールド・ベスト・シングルモルト」に選出されるなど、常に高い評価を受けています。
200年以上も伝統と職人の技を守り続け、世界中のウイスキー専門家や愛好家を魅了し続けてきました。シングルモルト・スコッチウイスキーの持つ歴史的・地理的背景という偉大な魅力を余すところなく表現しているブランドです。

商品詳細

ハイランドパークファイアエディション

商品名

 ハイランドパーク ファイア・エディション
 HIGHLAND PARK FIRE EDITION

アルコール度数/容量(ケース入数)

 45.2度/700ml(3本入)/世界限定28,000本

熟成年数

 15年

希望小売価格(税別)

 30,000円

販売元

 Rémy Cointreau Japan株式会社(レミー コアントロー ジャパン/東京都港区/代表取締役 宮﨑俊治)