『ジャックダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』新発売!〜ジャックダニエルブランドは4年連続過去最高売上を更新中〜

アサヒビール株式会社(本社 東京、社長 平野伸一)は、ブラウン・フォーマン社が製造するテネシーウイスキー『ジャック ダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリー』(瓶1,000ml)を2016年11月15日(火)に全国で新発売しました。

「ジャック ダニエル 蒸溜所」は1866年に連邦政府に登録されたアメリカで最も歴史のある蒸溜所です。本年創業150周年を迎え、「ジャック ダニエル」ブランドでは、創業150周年を記念した様々な取り組みを展開しています。

ジャックダニエル 蒸溜所創業150周年アニバーサリーとは

ジャックダニエル150周年アニバーサリー

創業150周年記念の集大成として、マスターディスティラーが中心となりすべての工程にこだわってつくり上げた商品です。より豊かな香りを引き出すために、熟成樽はゆっくりと時間をかけてトースト(※1)を施し、チャー(※2)の時間を短く仕上げた特別の新樽を使用しています。「ジャック ダニエル ブラック」と同じ原酒を同じようにチャコール・メローイングした後、50度に加水した上で樽詰めし、さらに日照時間が長く、寒暖の差が大きいことから出来のいい樽が最も多く輩出される“Coy Hill”にある「天使のねぐら」と呼ばれる貯蔵庫の最上階で熟成させています。キャラメルやトフィーのような甘い香りと、上品で豊かなコクとスムースな味わいが特長です。
ボトルと専用ギフトボックスには、金色の「ジャック ダニエル」オリジナルロゴと「150」の数字がデザインされています。
日本市場では12,000本の限定発売予定となります。
「ジャック ダニエル」ブランドの本年1-9月の販売数量は20.4万箱(前年比119%)となり、大変好調に推移しています。本年はブランドとして4年連続過去最高の売上げとなる見込みです。

※1)トーストとは、オークの新樽の内側を燃やして焼く(チャー)する前に、じっくりと熱を通すことで木材の中からバニラやキャラメルなどのフレーバーや甘みを引き出す「ジャックダニエル」蒸溜所の独自の工程です。
※2)チャーとは、オークの新樽の内側を燃やして焼く工程です。

ジャックダニエル蒸溜所とは

ジャックダニエル

アメリカのテネシー州にあるウイスキー蒸溜所で、アメリカで最初に登録された最も古い蒸溜所です。
創業者のジャックは10代の若さで蒸溜所の経営に乗り出すわけですが、それまでにも紆余曲折ありました。

10人兄弟の末っ子として生まれたジャックは義母との折り合いが悪く、6歳にして叔父の元へ家出をします。
7歳でお酒の蒸溜もおこなっていた雑貨店に働きにでます。

そこで読み書きや計算、お酒の蒸溜方法を学びました。
そして13歳のときに蒸溜所を譲り受けます。

南北戦争勃発時にはまだ未成年だったジャックは、徴兵されることなく、南北両軍にジャックダニエルを販売し、利益を得ることができます。
南北戦争が終結し、新政府ができると、蒸溜所登録を申請し、1866年にアメリカの登録第1号として認定されました。

その150年後にあたる今年2016年に、アニバーサリーボトルが誕生し、11月15日に販売されました。
創業以来、変わることのない製法でつくられるジャックダニエルを、みなさんも味わってみてはいかがでしょうか。

・ジャックダニエルを含むバーボンについて知りたい方はこちらの記事もどうぞ。
ウイスキー初心者のためのバーボン入門。飲んでおきたいおすすめのバーボン5選と飲み方

・スコッチとバーボンの違いを知りたい方はこちらの記事もどうぞ。
意外と知らないスコッチとバーボンの違い。ウイスキー初心者でも押さえおきたいポイント